・バイク・自転車専用ガレージ誕生!
7月15日〜8月31日の期間中もしずおか元気旅!
・通常は定休をいただく水曜木曜ですが、8月4日(木)・10日(水)・11日(木)・18日(木)・25日(木)は営業致します。

田舎で過ごす



あたたかな時間

山と渓流に囲まれた 


田舎のひと宿『湯ヶ島たつた』
山からおりる風に吹かれ


ほっとくつろぐ時間。
澄んだ天城の清流が生む


優しく響くせせらぎで
心を癒やす時間。


天城の自然を感じる
田舎の旅館で


心ほどける時間を。
伊豆川床で


季節が恵む味覚を味わい
自然のまま源泉掛け流しの温泉を


お気に召すままお楽しみください。

たつた旅館 客室でゆったり過ごす
宿泊プラン

素泊まりから2食付き、基本的なプランからオプション付きプランまで多彩にご用意いたしました。

たつた旅館 浴衣を選ぶ
過ごし方

湯ヶ島たつたでの滞在モデルをご紹介します。当館の川床や温泉を味わうポイントをチェックいただき、滞在を存分にご満喫くださいね。

天然温泉Spa

4種類の異なる趣をもった貸切風呂
100%源泉かけ流しの温泉を貸し切りで味わう。空いていればいつでも利用可。

かぐやの湯

かぐやの湯

竹林の囲まれ、竹の青さの向こうは空の青さが広がり、すり抜ける風が心地よい。この場所にあった岩をくり抜いたお風呂で野性味も感じる野天風呂。

詳細へ

森のこみち

広めの浴槽から見える木々の力強さと広く広がる空が美しい。ランプの明かりが優しく照らす夜の静けさも素敵。

詳細へ

流星

渓流を望む貸切風呂は半露天の陶器風呂。目の前には緑、目下には渓流が流れ、シャワーブースも完備。

詳細へ

月下美人

広々とした岩風呂は伝統的な露天風呂。渓流のせせらぎを聞きながら純和風の風呂でのんびりと。

詳細へ

客室Guest Rooms

昭和・平成を旅する和室で旅館らしい滞在を。
どのお部屋からも渓流と緑が望め、渓流に心癒されるひとときを。

たつた旅館 一般客室

渓流テラス付き和室

2020年リニューアル。1階に位置し最も渓流に近く、テラスでのひとときがおすすめ。目の前に渓流が流れ部屋にいながら川床のような雰囲気が楽しめる。

本間10畳+テラス+シャワーブース 定員:3名

詳細へ

たつた旅館 一般客室19畳角部屋

角部屋19畳 + 広縁付き

最も広い客室は4〜6階の角部屋に位置し、広々使えるからグループや家族利用が便利。純和風の設えがどこか落ち着く一般和室タイプで旅館らしい滞在を。

本間19畳+広縁3畳 定員:6名

詳細へ

一般和室11畳 + ツイン和ベッド

2022年3月設置。のんびりと過ごす。一般和室が和ベッドルームに。

本間11畳+広縁3畳 定員:2名

詳細へ

たつた旅館 旧タイプ和室

一般和室11畳 + 広縁付き

和室11畳の客室は山々を望む4〜6階に位置する。昔ながらの旅館らしいお部屋だからどこか落ち着く雰囲気。

本間11畳+広縁3畳 定員:4名

詳細へ

旧タイプ和室10畳

2〜3階の歴史を重ねた館内だが川の景色は最高。昭和の名残が色濃く残るお部屋で歴史の移ろいを感じながら、ずっと変わらぬ渓流を眺めて過ごす時間を。

本間10畳+広縁3畳 定員:4名

詳細へ

旧タイプ和室13畳+ツインベッド

旧タイプベッドルームは和室にツインベッドを設置。世界に誇るシモンズベッドで快適な眠りをどうぞ。

本間13畳+広縁3畳 定員:2名

詳細へ

川床料理Kawadoko&Dish

春夏秋冬を問わず年間を通して楽しめる伊豆川床では、食材豊富な伊豆の季節に応じた料理を楽しめる。名物のわさび鍋や狩野川の鮎や三島野菜など、伊豆の味覚を詰め込んだ会席料理。

たつた旅館 川床料理
たつた旅館 川床料理
たつた旅館 川床料理

館内案内Floor guide

旅館らしい純和風の造りをした館内はどこか落ち着く雰囲気。館内では和の設えに、屋外では露天風呂や自然を感じるテラススペースなどで心落ち着くひとときを。

たつた旅館 外観
たつた旅館 館内
たつた旅館 庭

周辺観光
Seeing Around

太古の火山活動で生まれた伊豆半島はジオパークにも認定された自然の魅力が詰まっています。天城の自然が作り出した天然の観光スポットを巡ってみては?

浄蓮の滝

Joren no Taki

日本百名滝にも選出された雄大な滝は滝壺まで降りることができ大迫力を間近で楽しめる。名曲「天城越え」にも登場することでも有名。


昭和の森

Showa no Mori

多くの文学者が愛した天城。「しろばんば」や「我が母の記」で知られる井上靖先生の邸宅がまるごと展示されていたり、ジオパークとしての伊豆も知ることができる。


天城トンネル

苔むしてひっそりとたたずむ。川端康成の小説『伊豆の踊子』ゆかりのトンネルで、映画に何度も登場。天城の原生林がいきずき、新緑・紅葉とも美しく、今も踊子の歩んだ道を歩いてみようとする人が絶えません。

八丁池

八丁池は標高1,125mにある池で、最近の調査で湖と断層の切れ目に水がたまって出来たと判明。季節運行のバスを利用して野鳥の森から入るコースはお子様でも歩くことができるおすすめのハイキングコース。

水恋鳥広場

冷たくて気持ちの良い天城の清流で川遊びを楽しんだ後は、大自然の中で楽しむ最高のバーベキューも楽しめる。夏の川遊びならここがおすすめ。



アクセス
Access

お車でお越しのお客様

東名沼津ICより伊豆中央道より414号で55分

無料駐車場30台完備

電車でお越しのお客様

修善寺駅乗換、東海バス下田方面30分湯ケ島温泉口下車、徒歩5分

最寄りのバス停の2個前「湯ヶ島駅」まで送迎(事前予約)

所在地

〒410-3206 静岡県伊豆市湯ケ島347

新着