客室情報完全版〜一般和室〜

宿を選ぶ時にどんな客室なのか、イメージだけではわからないことって多いですよね。失敗しないように写真をいっぱい見たり詳しい情報を探したり、大変な思いをしてプランを探していると思います。結構面倒なんですよね。でも、このページをご覧いただければ情報はほとんど揃います!分量が多くなってしまいそうなので、各部屋ごとに特徴をお伝えしますので是非御覧くださいね!

部屋予約の注意点

まず、すべての部屋に共通するご注意点を申し上げます。
【ご注意事項をどうぞご了承ください】
・ご予約いただいたタイプ内で○○号室など指定はできません。予約の早い順や人数によって部屋割を行っており、基本的にはランダムとなりますのでご了承ください。
・集中管理の空調で季節の変わり目などは送風状態にしている場合もあります。気温の暑寒には個人差があり調整ができない場合もございます。
・洗面台の湯も温泉を使用しています。長い配管を通ってきますのでなかなか温かくなりません。5〜10分程度出しっぱなしにしてお待ち下さい。
・和室の場合、2名利用時には事前に布団を敷いてご用意いたしますが3名以上の場合は食事の際に部屋に入れせていただき布団をご用意いたします。

一般和室について

旧タイプ和室の基本情報

【誕生年】平成元年
【設置階】5・6階に禁煙(4部屋)・4階に喫煙(2部屋)
【広さ】踏み込み3畳+本間11畳+広縁3畳+脱衣所+風呂+トイレ
【防音性能】◯
【景色】山・多少の川
【定員】4名

【こんな過ごし方がおすすめ】
・イメージ通りの和室で旅館に来た雰囲気を味わう。
・天城の山々の四季を感じる景色を楽しむ。

【お部屋についてコメント】


旅館の和室、と聞いてイメージする和室はきっとこんな感じでしょう。一般和室はTHE旅館の和室といった雰囲気のお部屋です。見ての通り旧タイプは渓流に面した建物ですが一般和室のある建物はそれ以降に造られたこともあり川は見えるものの旧タイプの建物分後ろにあり、景色の一部は建物が邪魔をし、旧タイプ側にあり尚且低い階層になるほど川の景色を狭めてしまいます。しかし高層階であることは間違いなく、旧タイプに比べ川の景色は劣ってきますが、山々を遠くまで望めるのは一般和室です。

一般和室は景色に違いがあります

先に紹介した建物図の通り、一般和室はその部屋によって景観がだいぶ変わってきます。残念ながら部屋の指定は出来ませんが原則として早い予約から上層階をアサインするようにしています。禁煙部屋があるのは5・6階ですので、1階分の差はあれど楽しめる景色は大きくは変わらないかと思います。変わるのは横の位置です。旧タイプの建物から離れるほど渓流の景色は広く見えるようになります。上の写真は一番離れた504号室からの景色です。逆に建物に近づいていくとちょっと見えている建物がだんだんと大きく入り込んできます。このように渓流沿いの景色は旧タイプには及ばないですね。

しかし上方を見れば一般和室からの方が遠くまで見えます。603からの景色が上の写真です。渓流と違って季節によってその見え方は変わり春には新緑、秋には紅葉が楽しめますよ。近くに高くそびえる木があるのですが、そもそも山々も木々なのでそんなに気にならないかと思います。横の部屋に移動してもこの山々の景色はほとんど変わりません。

しかし!この景色が大きく変わるのは、喫煙部屋です。喫煙部屋は4階にあるのですが、木々にもかかり建物にもかかり、渓流の様子はあまり多くは見れません。川の景色は一番悪いでしょう。山並みも高層階ほどよくは見えないので景色はあまりよくないお部屋です。館内はお部屋を除き禁煙(喫煙所は全て屋外)ですので、喫煙のできるお部屋ということでご容赦ください。

階によって異なる利便性

4〜6階に位置する一般客室ですが、この階層には部屋以外にも設備がございます。

6階は純粋に客室のみのフロアです。早い予約から順に6階客室からアサインを行っています。最上階になりますので、一般客室の中では景色がよい場所になりますよ。

5階はフロント・ロビーがあるフロアです。案内図の通りロビーとは近いのですが、ロビーで騒ぐお客様はほとんどいらっしゃいませんので静かに過ごせますのでご安心ください。ロビーに近いこともあり、あまり遠くない部屋がいいなどの希望が合った場合にはこちらからアサインする場合もあります。

4階は案内図の左側から階段があり、下るとすぐに大浴場があります。4階は喫煙部屋ですので愛煙家の方の利用が主にはなります。先に書いたように景色はあまり・・ですが、お風呂に近いのはこの4階客室ですね。

階の指定は残念ながら承っておりませんのでご注意いただきたいのですが、「喫煙がいい」「2部屋並びがいい」「ロビーに近い方がいい」など、ある程度融通できる場合もございます。(「景色がいいお部屋がいい」というご要望については早い予約から順にアサインをしていますので直前では受付できない場合が多いです。)

アメニティは他の部屋タイプと同様にご用意

シャンプーやコンディショナーは他タイプのお部屋と同じものをご用意しています。また、お部屋からお風呂に向かう際にはタオルや歯ブラシ、クシやコットンなどのアメニティセットの入ったお風呂カゴを人数分用意しています。シャンプーから乳液まで、実は「オーガニック」にて用意しています。特に乳液や化粧水はブランド「ジョイエッロ」を採用しています。高級ホテルなどでも利用されているブランドですよ。シャンプーも同じくオーガニックを基準に選んでいますがそのせいか泡立ちが弱めなので、いつもより多めにポンプして使ってくださいね。

設備でよくあるお声・・

多くのお客様からご指摘いただくのは「ドライヤー」でございます。当時、電気を使った製品はそこまで多くなかったのでしょう。現在よりも少ないアンペア数で十分まかなえてしまったので、各部屋のアンペア数が20Aしかございません。1000Wで10Aを使用するため、電化製品を多く使っていると、ブレーカーが飛びます。ドライヤーは1000Wタイプをおいているのですが、それ以上のものを常備すると、ドライヤー+アイロン、ドライヤー+湯沸かしで飛んでしまうのでそれ以上のものを常備することができません。コンセントも3つ口タップを設置していますがそもそもの電源位置が現代のそれとは違うためどうしても使いづらさがあります。

フロントにお申し付けいただければ延長コードや強めのドライヤーの貸出がありますので必要な方はお申し付けくださいね。その際には他の電力を多く消費する製品との同時利用はお控えいただくよう口頭でも案内させていただきますのでご理解ください。

旧タイプにあったデメリットはほぼ無くなります

旧タイプでは、湿気やにおいなど、古さが故のデメリットがございました。

ー旧タイプ客室についてはこちらー https://yugashimatatsuta.jp/blog-room-oldtype/

旧タイプでは渓流の近さ故に、虫と湿気が必ず問題となります。でも一般客室のある建物の位置をおさらいするとお分かりいただけますが、川から少し離れて高い位置になりますので旧タイプほどの虫はよってきません。もちろん全くいないわけではありませんが、ご滞在にほとんど問題にならない程度に落ち着きます。また、川の湿気に対してもこれだけ距離が離れればほとんど問題ありません。同じ渓流沿いにあっても高低差で変わる一番大きな違いではないでしょうか。

一般和室は3種類の部屋タイプ

1:一般和室11畳

当館の基本客室がこちらです。11畳の和室で6階2部屋、5階2部屋、4階に喫煙タイプ2部屋です。(2022年4月現在)ここまで記載した一般和室の特徴はこのお部屋タイプをイメージして記載しています。

2:一般和室19畳角部屋(喫煙)

19畳タイプのお部屋は4〜6階の一番奥に1部屋ずつございます。旧タイプの建物から一番離れたお部屋なので、一般和室タイプの中では景色のよいお部屋です。4階の19畳客室は低層のため景色は弱いですが、5階6階の客室をメインにアサインしていますのでご安心ください。二間続きの広いお部屋なのでのんびり過ごすにもグループで過ごすにもオススメですよ。ただご注意ください、「喫煙」タイプです。禁煙がご希望の場合にはできる限りの消臭対応となります。空気清浄機やアルコールやオゾンを利用してにおいとりを行いますが、100%取りきれるわけではありませんので予めご了承ください。

3:一般和室 和ベッドルーム

2022年4月現在たった一部屋だけの一般和室ベッドルーム。布団のかわりにベッドをご用意しており、ベッド周辺で不便がないように枕元のコンセントを設置したり床の間を改装してTVやその他をおける台にしたりと利便性の増した客室です。しっかりとした反発がありながらもふわっと柔らかい寝心地で気持ちいいですよ。このお部屋では広縁のテーブルも撤廃し、窓枠にカウンターテーブルを取り付けています。窓の外を見ながら晩酌するなど、山並みを楽しめます。

このお部屋は6階に位置しますが、旧タイプの建物に近い位置にあり、つまりは川の景色はあまり良くありません。高層階である景色のメリット=山並みを中心にお楽しみいただけたらと思います。

どうでしょうか。一般和室についてお分かりいただけましたか?一般和室は景色を除いて季節変動にも安定したお部屋タイプです。迷ったらこの客室タイプを選ばれるのがオススメです。その他のお部屋についてもご紹介していきますので是非ご参考くださいね。